Lebih

Melayani MBTiles dengan plugin Geoserver?

Melayani MBTiles dengan plugin Geoserver?


Saya sedang membuat peta web, dan berharap dapat menambahkan beberapa lapisan peta dasar/raster saya sendiri. Saya akan menggunakan tumpukan yang menyertakan GeoServer yang baik untuk data vektor, tetapi saya juga ingin menyajikan lapisan peta dasar baru melalui GeoServer, dan saya kesulitan menemukan cara terbaik untuk melakukannya. Saya ingin menggunakan file .mbtiles yang saya buat dengan TileMill, karena terlihat bagus dan mudah ditata. Tujuannya adalah untuk membuat WMS dari ubin ini.

Saya telah menambahkan plugin MBTiles ke instalasi GeoServer 2.6.1 saya pada instans Amazon EC2, dan mentransfer file .mbtiles ke direktori data GeoServer. Namun, ketika saya menambahkan penyimpanan data MBTiles baru, tampaknya membuat penyimpanan data, tetapi ketika saya mencoba membuat lapisan baru menggunakan penyimpanan data itu, antarmuka tidak merespons. Seolah-olah GeoServer tidak mengenali penyimpanan data MBTiles dengan benar.

Saya sangat baru dalam hal ini, jadi saya mungkin melewatkan sesuatu, tetapi saya telah membaca banyak dokumentasi dan tidak dapat mengetahuinya.


Untuk meringkas diskusi:

  • Saat menambahkan ekstensi (termasuk modul komunitas) ke GeoServer, sangat penting untuk menggunakan versi ekstensi yang cocok dengan versi GeoServer. Jangan gunakan versi yang lebih lama atau lebih baru, bahkan jika ada tautan dalam dokumentasi yang menyarankan penggunaan versi "nightly" dari ekstensi pada GeoServer yang stabil / dirilis.

  • Versi file zip dari ekstensi harus berisi dependensi yang diperlukan untuk modul itu. Anda perlu menginstal semua itu (kecuali, tentu saja, Anda sudah menginstal dependensi, misalnya dari menginstal ekstensi lain yang memiliki beberapa dependensi yang sama).

  • Ada beberapa kasus khusus, di mana satu ekstensi memerlukan ekstensi lain. Contohnya adalah modul komunitas GeoPackage memerlukan ekstensi WPS. Anda harus memeriksa dokumentasi untuk modul yang Anda instal jika memiliki kasus khusus seperti ini.

Perbedaan antara ekstensi dan modul komunitas sebenarnya adalah tentang cara dukungannya, dan tidak menyarankan antarmuka yang berbeda atau perbedaan teknis lainnya. Instalasi mengikuti aturan yang sama.


Ada banyak cara melakukan ini.

Salah satu opsi adalah menggunakan Aplikasi Web Azure lama biasa dengan arsip web GeoServer (file WAR).

Untuk melakukan ini, unduh versi arsip web GeoServer. Kemudian buat aplikasi web di portal Azure. Di bawah pengaturan aplikasi, Anda perlu menentukan Java versi 8 dan versi Tomcat di atas 7.0.65. Maka yang perlu Anda lakukan hanyalah mem-ftp file GeoServer WAR ke /site/wwwroot/webapps .

Setelah Anda selesai melakukannya, Anda seharusnya dapat mengakses GeoServer dengan mengunjungi aplikasi web Anda dengan jalur /geoserver ditambahkan ke url. Tapi bersabarlah, start up awal lambat dan bisa memakan waktu beberapa menit.

Pilihan lainnya adalah dengan men-deploy image container. Saya akhirnya membuat sendiri yang disesuaikan untuk digunakan di Aplikasi Web Azure.


Tanggal penting

KODE KURSUSMULAI TANGGALTANGGAL AKHIRTANGGAL BATAS PENDAFTARAN.BIAYA KURSUS
(Per Peserta)
Klik untuk Menerapkan.
GISWM126 April 202130 April 202121 April 2021USD 400Daftar
GISWM110 Mei 202114 Mei 2021Mei, 5 2021USD 400Daftar
GISWM124 Mei 202128 Mei 202119 Mei 2021USD 400Daftar
GISWM114 Juni 202118 Juni 20219 Juni 2021USD 400Daftar
GISWM119 Juli 202123 Juli 202114 Juli 2021USD 400Daftar
GISWM116 Agustus 202120 Agustus 202111 Agustus 2021USD 400Daftar
GISWM120 September 202124 September 202115 September 2021USD 400Daftar
GISWM118 Oktober 202122 Oktober 202113 Oktober 2021USD 400Daftar
GISWM18 November 202112 November 20213 November 2021USD 400Daftar
GISWM129 November 20213 Desember 202125 November 2021USD 300Daftar
GISWM117 Januari 202221 Januari 202211 Januari 2022USD 300Daftar

Peta web adalah peta online yang dibuat dengan QGIS yang menyediakan cara untuk bekerja dan berinteraksi dengan konten geografis yang diatur sebagai lapisan. Mereka dibagikan di seluruh organisasi Anda dan di luar di web dan di seluruh ponsel cerdas dan tablet. Setiap peta berisi peta dasar referensi bersama dengan satu set lapisan data tambahan, ditambah alat yang bekerja pada lapisan ini. Alat tersebut dapat melakukan hal-hal sederhana, seperti membuka jendela pop-up ketika Anda mengklik peta, atau hal-hal yang lebih kompleks, seperti melakukan analisis spasial.

Dalam kursus ini Anda akan belajar bagaimana membawa peta dan data Anda ke Internet dan membuat peta web dengan cepat dengan plugin QGIS.

Ikhtisar Konten Kursus

Pengantar Rekap GIS

  • Apa itu GIS?
  • Apa yang dapat Anda lakukan dengan GIS?
  • Pikirkan cara untuk menerapkan GIS
  • Apa itu Resolusi?
  • Jenis Resolusi
  • Pemrosesan Gambar Digital
  • Memasang Plugin untuk pemetaan web.
  • Bekerja dengan lapisan spasial.
  • Bekerja dengan Geopackages dan digitalisasi. Pembuatan berbagai tipe data untuk pemetaan web.
  • Membuat peta pilihan dan nilai berjenjang di QGIS.
  • Tabel Bergabung (bekerja dengan data non spasial), skala peta dan proyeksi peta
  • Spatial Query(berdasarkan lokasi dan atribut),Labeling dan data Symbology(Lulus,simbol Proporsional)
  • Membuat bagan (Grafik batang, bagan pai, histogram) dan Peta Panas untuk peta web.
  • Pengantar dataset Spasial, penyesuaian spasial, Topologi dan pemeriksaan kesalahan.
  • Pengumpulan data untuk peta web Kobocollect
  • Menghasilkan XYZ MBtiles untuk layanan offline.
  • Ikhtisar Layanan Web OGC (OWS) Layanan Peta Web (WMS), Layanan Fitur Web (WFS), Layanan Cakupan Web (WCS)
  • Server web, Geoserver, dan server Peta
  • Menyiapkan API dan memasukkan lapisan.
  • Penampil peta.
  • Geonodes dan Jaringan Geo Opensource.
  • Layanan Pemrosesan Web OpenGIS (WPS)
  • Penerbitan Webmap secara online.

Target Peserta

Pemula, spesialis WASH, Pakar M & E, Kesehatan masyarakat, Manajer Program, Siswa, Insinyur, Guru, Penggemar pemetaan web, pengembang web

Keterampilan yang Disarankan

Pengalaman dengan perangkat lunak berbasis Windows untuk manajemen file dasar dan penjelajahan.

QGIS Versi 3X, Geoserver, Mapserver

Setelah berhasil menyelesaikan kursus, semua peserta akan diberikan sertifikat tanpa biaya tambahan.


Ubin vektor: peta ubin generasi berikutnya

Meskipun set ubin raster yang telah kita diskusikan dalam pelajaran ini mampu memberikan peta yang tampak bagus dalam format yang relatif cepat, peta tersebut dapat menjadi rumit untuk terus diperbarui dan membutuhkan sejumlah besar sumber daya komputasi pada skala peta yang besar. Untuk mengatasi tantangan ini, format penyimpanan data yang disebut "ubin vektor" telah mendapatkan popularitas dalam beberapa tahun terakhir. Mapbox telah memimpin upaya pengembangan pada ubin vektor dan telah membagikan spesifikasi ubin vektor di bawah lisensi Creative Commons.

Ubin vektor persis seperti yang Anda duga: mereka menyimpan potongan data vektor alih-alih menyimpan gambar peta. Gagasan di balik ubin vektor adalah lebih efisien untuk memisahkan gaya data dari koordinat dan atribut data. Klien dapat menggunakan seperangkat aturan penataan yang telah ditentukan sebelumnya untuk menggambar ubin koordinat vektor mentah dan data atribut yang dikirim oleh server. Ini memungkinkan penataan ulang data dengan cepat, yang merupakan batasan serius lainnya dari ubin raster. Pikirkan tentang ini: Jika Anda ingin mengubah warna hijau yang digunakan untuk menggambar taman dengan ubin raster Anda, Anda harus membangun kembali setiap ubin yang berisi taman. Jika Anda ingin melakukan hal yang sama dengan ubin vektor, Anda cukup memperbarui instruksi penataan di satu tempat dan ubin itu sendiri tetap sama. Operasi tampilan lainnya seperti memutar peta juga menjadi lebih mudah diterapkan dengan ubin vektor.

Ubin vektor dirancang agar berukuran kecil pada disk, dan menggunakan sejumlah pendekatan pengoptimalan yang dirancang untuk mengurangi jumlah karakter yang diperlukan untuk menyimpan data dan atribut geografis, beberapa di antaranya dijelaskan dalam video ini oleh insinyur Mapbox Dane Springmeyer. Dia juga memperkenalkan produk yang disebut Mapbox Studio yang bekerja dengan ubin vektor saja dan sedang dipromosikan oleh Mapbox sebagai pengganti Tile Mill. Format file .mbtiles, yang awalnya menyimpan ubin raster, sekarang hanya menyimpan ubin vektor saat diekspor dari Mapbox Studio.

Pada kenyataannya, masih ada kasus penggunaan untuk format ubin vektor dan raster, meskipun kemungkinan sejumlah organisasi akan melihat manfaat kinerja dari membangun kembali beberapa set ubin raster awalnya sebagai ubin vektor di masa depan. Ini bahkan lebih mungkin karena paket perangkat lunak komersial populer seperti ArcGIS memperkenalkan alat untuk bekerja dengan spesifikasi ubin vektor Mapbox, keputusan strategis yang diumumkan Esri dalam posting blog tahun 2015. Di sisi sumber terbuka, GeoServer menambahkan dukungan untuk ubin vektor di versi 2.14, sebagaimana dirinci dalam petunjuk ini.

Klien open source juga mengenali daya tahan ubin vektor, dicontohkan oleh format lapisan VectorTile yang dibangun ke dalam OpenLayers 3 dan dukungan plugin untuk ubin vektor Mapbox di Leaflet. Pada saat penulisan ini, QGIS tidak mendukung tampilan ubin vektor, meskipun ada plugin yang relatif baru untuk tujuan ini.


RGeo adalah perpustakaan data geospasial untuk Ruby. RGeo adalah komponen kunci untuk menulis aplikasi yang sadar lokasi dalam bahasa pemrograman Ruby. Pada intinya adalah penerapan Spesifikasi Fitur Sederhana OGC standar industri, yang menyediakan representasi data objek geometris seperti titik, garis, dan poligon, bersama dengan serangkaian operasi analisis geometris. Ini membuatnya ideal untuk memodelkan data geolokasi. Ini juga mendukung rangkaian modul tambahan opsional yang menyediakan berbagai layanan terkait geolokasi.

Kami membutuhkan sistem raster GIS untuk kumpulan data raster besar di GeoServer. Berikut adalah beberapa alat untuk membuat sistem raster ubin multi-resolusi tanpa batas yang dapat mengambil berbagai format, proyeksi, dll, lalu membuat ubin ujung belakang. Sedikit lebih besar dari MrSID.


Selamat Natal dari semua di Geothread

Sekali lagi, kami bersiap untuk mengakhiri tahun ini di Cranfield University. Sebelum kami menandatangani, kami akan meninggalkan Anda dengan sesuatu yang menjadi sedikit tradisi dengan tim Geothread selama beberapa tahun terakhir peta Twitter Natal kami. Tahun lalu kami memetakan penyebaran keceriaan di seluruh negeri, menurut pengguna Twitter. Sekali lagi, kami telah mengumpulkan sampel 60.000 tweet georeferensi yang menyebutkan kata Natal, bersama dengan beberapa kata kunci terkait lainnya. Ini telah dikelompokkan berdasarkan wilayah dan kemudian dinormalisasi terhadap sampel acak tweet yang diambil pada awal tahun untuk menghilangkan efek kepadatan penduduk.

Dibandingkan dengan peta yang sama tahun lalu, jelas bahwa ada beberapa area yang konsisten dalam mengantisipasi musim perayaan di Central Wales dan North Yorkshire pada khususnya. Anglesey dan Conwy di Wales Utara tampaknya semakin bersemangat tahun ini, sementara Cumbria dan Dataran Tinggi Skotlandia tampaknya tidak merasakan tingkat antusiasme yang sama seperti yang mereka rasakan 12 bulan lalu.


Permintaan maaf kepada siapa pun yang kami lewatkan di Irlandia. Sayangnya sampel acak tweet yang kami gunakan untuk normalisasi tidak mencakup cakupan semua Kepulauan Inggris, itulah sebabnya ada beberapa lubang di peta akhir.

Sebagai bonus tahun ini, kami telah menyertakan peta interaktif dari data mentah yang dikumpulkan dari twitter, untuk Anda jelajahi di bawah ini.

Selamat Natal dan Tahun Baru dari semua di Geothread!


Selamat Natal dari semua di Geothread

Sekali lagi, kami bersiap untuk mengakhiri tahun ini di Cranfield University. Sebelum kami menandatangani, kami akan meninggalkan Anda dengan sesuatu yang menjadi sedikit tradisi dengan tim Geothread selama beberapa tahun terakhir peta Twitter Natal kami. Tahun lalu kami memetakan penyebaran keceriaan di seluruh negeri, menurut pengguna Twitter. Sekali lagi, kami telah mengumpulkan sampel 60.000 tweet georeferensi yang menyebutkan kata Natal, bersama dengan beberapa kata kunci terkait lainnya. Ini telah dikelompokkan berdasarkan wilayah dan kemudian dinormalisasi terhadap sampel acak tweet yang diambil pada awal tahun untuk menghilangkan efek kepadatan penduduk.

Dibandingkan dengan peta yang sama tahun lalu, jelas bahwa ada beberapa area yang konsisten dalam mengantisipasi musim perayaan di Central Wales dan North Yorkshire pada khususnya. Anglesey dan Conwy di Wales Utara tampaknya semakin bersemangat tahun ini, sementara Cumbria dan Dataran Tinggi Skotlandia tampaknya tidak merasakan tingkat antusiasme yang sama seperti yang mereka rasakan 12 bulan lalu.


Permintaan maaf kepada siapa pun yang kami lewatkan di Irlandia. Sayangnya sampel acak tweet yang kami gunakan untuk normalisasi tidak mencakup cakupan semua Kepulauan Inggris, itulah sebabnya ada beberapa lubang di peta akhir.

Sebagai bonus tahun ini, kami telah menyertakan peta interaktif dari data mentah yang dikumpulkan dari twitter, untuk Anda jelajahi di bawah ini.

Selamat Natal dan Tahun Baru dari semua di Geothread!


地 図 タ イ ル に つ い て

Aksesのデータベースに座標と情報を乗っけることでGISを作成していました。
こ こ で ポ イ ン ト と な る の は 地 図 デ ー タ と 対 応 す る ラ イ ブ ラ リ は セ ッ ト に な っ て い た の で, そ の ラ イ ブ ラ リ で 対 応 し て い な い フ ァ イ ル は 変 換 し て 取 り 込 め る よ う に す る な ど, 地 図 デ ー タ 自 体 の 調整 を 別 途 や っ て い な い とい け な い と い う 状態 で す.
Pythonで書いてpy2exeで動かせるようにしたものにVisual BasicでGUIを作って使いやすく提供するというものでした(なお、最終日に)

Web
MapserverやGeoserverに代表される地図配信サーバを使う方法で、もう一つは地図タイルを使うという方法です。
な お, 地 図 配 信 サ ー バ は 地 図 タ イ ル を 使 う た め の バ ッ ク エ ン ド と し て 動 か す こ と も 多 く あ り ま す.
地 図 配 信 サ ー バ は 実 際 に デ ー タ を 配 信 す る 技術 で, 地 図 タ イ ル は ク ラ イ ア ン ト 側 に 近 い 技術 と な り ま す.

地 図 配 信 サ ー バ と デ ー タ ソ ー ス

デ ー タ ソ ー ス と な る も の は 地 図 座標 が 入 っ て い る デ ー タ と な り ま す.
ESRI Shapefile GeoJSONなどはデータそのものに座標がついたベクタファイルです。
Webで使われているベクタファイルのSVGはコンピュータ上の座標(左上を0,0としたもの)に基づいたものですが、地図で使われるベクタファイルの座標は測地系に基づいた座標 と な り ま す.
(lintang, bujur)で表現されるもので、コンピュータの座標(x, y)とは違う概念に基づきます。

GeoTiffファイルです。
GeoTiffはその名前の通りTIFFファイルをベースとしたものですが、こちらはピクセルに対して測地系に基づいた座標が割り当てられているファイルとなります。
GeoTiffファイルはTIFFファイルの特性を使って、バンドごとにデータを格納することができます。
ピ ク セ ル ご と に デ ー タ を 格納 す る の で よ く メ ッ シ ュ デ ー タ と い う 表現 を し た り し ま す.

PostgreSQLのようなデータベースを指しています。
Geografi
PostgreSQLのekstensiとして提供されているPostGISではGeometriとGeografiが型として追加され、それらを操作する関数が多く提供されています。
Geometriはコンピュータなどの座標を指し、Geografi
Geometriでは「x: 35, y: 50の点から半径20ピクセル以内のデータを取ってくる」というようなクエリを出しますが、Geografi: 35.613056, : 140.113889 (JR千葉駅)の点200メートル以内のデータを取ってくる」というようなクエリになります。
Geografi (WGS84)に基づいたものとしています。

(indeks spasial)」と い う も の が 作 ら れ ま す.
Geometri型はコンピュータなどの座標と同じとなりますが同じく空間インデックスを持つように作る事もでき、またライブラリでサポートするときにシンプルな座標系(測地系と言うと変)として扱うこと(あとで実例がでてきます)。

さ て, 地 図 配 信 サ ー バ は こ れ ら 座標 が 入 っ た も の ​​を 取 り 込 み, ク ラ イ ア ン ト の 要求 に 合 わ せ て 処理 を 行 っ て フ ァ イ ル を 出力 し ま す.
PNG画像で取得する場合は「左上を35.613056,140.113889右下を35.522778,140.310806までの地図データを取ってきてデザインを適応して縦横400ピクセルのPNG画像にして出力してください」という要求を出しま す.
PNG

な お, 正方形 の 画像 だ と 縮 尺 が お か し く な る じ ゃ な い か と 思 わ れ る と 思 い ま す が, 縮 尺 と い う 概念 は あ く ま で 自 分 が 慣 れ て る 地 図 の イ メ ー ジ で し か 無 い で す.
例 え ば 町 内 会 の 掲 示 板 に 貼 り だ さ れ て る 手書 き の 地 図 な ん か は 縮 尺 は 適当 だ け ど ち ゃ ん と 地 図 と し て は 成立 し て い ま す.
OpenStreetMapやGoogle Mapsで南極を見てみればこんなに横に平べったくなるはずはないというのがわかります。
な の で 地 図 配 信 サ ー バ へ の 要求 次第 で は こ の よ う な ズ レ は 当然 発 生 し ま す.
(elipsoid)ですし。

や や こ し い 測 地 系 と 座標 変 換

(あー、別に月とかにもあるんだけどな)での位置を緯度経度(と標高)を座標で表すための系の示すものです。
系 っ て い う の は シ ス テ ム っ て い う の が 良 い ら し い の だ け ど, 個人 的 に は ル ー ル っ て 言 っ た ほ う が し っ く り き て る.
wikipediaの測地系を参考にして欲しい。

2000(JGD2000)というものを指しています。
あ れ, 世界 な の に 日本 だ.
Oke」っていうものです。
WGS84と比べても誤差は少ないし、そもそも日本島国だし基本的には問題ない。
Webアプリが現在API Lokasi GeoGPSの情報を使っている、つまりWGS84でデータが降ってくるんだけど、現実にそこで差がわからん程度なので細かいことは気にするなっていう話です。
ま ぁ, 測量 す る 人 は 絶 対 世界 測 地 系 使 わ な い と い け な い と い う こ と は 覚 え て お い て く だ さ い.
法律 だ も ん.

で, 一番 や っ か い な 存在 が 日本 測 地 系 と い う 存在 で す.
(Tokyo Datum)っていうのが良いのだろうけど、日本測地系2000のことを世界測地系って言ってしまってるのでだいたい話してるレベルや書類レベルでも日本測地系 っ て い う と 旧 日本 測 地 系 を 指 す と い う 暗 黙 の 了解 み た い な の が あ っ た り し ま す.
2002年より前は実際に測量で使われていたり、古いシステムが日本測地系だけであったりして、座標データを渡されてしばらく立ってから「あーそのデータ日本測 地 系 で す わ ー, そ れ し か 作 っ て な い の で 」み た い な 会 社 が 未 だ に あ り ま す.
事前 に 言 え よ ク ソ が, お っ と.
し か も や や こ し い こ と に 「地 図 系 じ ゃ な い で か い 会 社」 と か で こ う い う ケ ー ス あ る の で 気 を つ け た ほ う が い い.
使えないぐ&# x3089い誤差が出てるのがわかります。
WGS84に変換をしましょう。

PROJ.4というものです。
C言語で書かれているライブラリですが、非常に多くの言語のバインディングがある上、Proj4jsという名前でJavascriptに移植もされています。
Javascript

proj4.defsで変換式を登録していますが、ここではEPSGコードというものを指定しています。
EPSG Kelompok Survei Minyak Eropaの略です。
(雑)。
EPSGコードが分かればそのデータベースからproj4や他のアプリケーションで使うパラメータを取得することができるっていうのが大雑把な仕組みです。
epsg.ioがよく使われていて、例えば旧日本測地系(Tokyo Datum)はEPSG:4301というコードが割り当てられているのでepsg.ioで4301と調べれば雑にTokyo&# x3063て書かれたページにたどり着くことができ、Eksporの項目から各ツールで取り込めるプログラムの断片を取得することができます。
proj4.defsは単にこのサイトから引っ張ってきただけのものというのがわかります。
EPSGコードは管理してる団体を指していますが、コード自体はSRID (Pengidentifikasi Sistem Referensi Spasial)というものになります。

で, 地 図 タ イ ル っ て な ん な の

先 ほ ど の 地 図 配 信 サ ー バ で は あ く ま で 「こ う い う 条件 の 地 図 を 画像 デ ー タ と し て く れ」 と い う も の で し た.
し か し な が ら 地 図 配 信 サ ー バ 側 で キ ャ ッ シ ュ を し て い て も, 範 囲 が 異 な れ ば 画像 は 再度 作 り 直 し と な っ て し ま い ま す.
そ の た め に 生 ま れ た の が 地 図 タ イ ル と い う 概念 で す.

地 図 タ イ ル と は そ の 名 の 通 り 地 図 を タ イ ル 状 に 並 べ て 配置 す る と い う 技術 で す.
1995〜1996年ぐらいには日本ではすでにありました。
Javascriptでどうこうみたいなものではなかったと思われます。
そ し て, そ の 実 装 が で き た 翌年 に と あ る 日本 の 会 社 が 地 図 タ イ ル 自 体 に 特許 を 取 っ て し ま っ た た め, 日本 の 多 く の 企業 で 実 装 が で き な く な っ て し ま い ま す.
Google Mapsなんかも出てきた当時から当然その特許に抵触してるんですが、特にそれで揉め事は起きていません。
Webっぽい話なんですが、特許を取った会社は現在はW3Cのメンバーになっていて、そのおかげで「技術特許による訴えを禁じられてる」というイカした事案が発生しています。
Web地図は10年は遅れた!」とビール呑みながら語っていたりしてなおさら地図業界の闇深さを感じるものです。
こ れ か ら 具体 的 な 話 を 書 い て い き ま す が, ぜ ひ 地 図 タ イ ル の 進化 を 感 じ な が ら 闇 深 さ を 思 い 出 し さ わ や か な 気 分 に な っ て い た だ き た い で す.

  • (正方形)に分割されています。
    • 256pxの正方形が使われています(ちなみにRetinaディスプレイ向けに512pxで出すっていう事案もあります)。
    • zxy ubinと呼びます。ただし、後述しますが単にリクエストが z/x/y

    • zoom 0: 2 0 * 2 0 = 1 * 1 = 1 ubin
    • zoom 1: 2 1 * 2 1 = 2 * 2 = 4 ubin
    • zoom 2: 2 2 * 2 2 = 4 * 4 = 16 ubin
    • zoom 3: 2 3 * 2 3 = 8 * 8 = 64 ubin
    • perbesar n: 2 n * 2 n
    • zoom 18: 2 18 * 2 18 = 262.144 * 262.144 = 68.719.476.736 ubin

    22ぐらいまでいくと、日本では(ディスプレイの解像度次第ですが)ほぼ原寸大になるらしいです。
    inode数で死ぬっていうやつが迫ってきますので、それなりに工夫は必要ですし、その問題を解決したものもあ と で 解説 を し ま す間 に あ わ ん か っ た.
    ま ぁ, 個人 で タ イ ル を 作 る と き は 非常 に 範 囲 が 狭 か っ た り し ま す の で, あ ん ま り 問題 に な っ た り し な い っ て い う 現 実 が あ り ま す.

    Proyeksi Web Mecator (EPSG:3857)
    Google Maps由来のメルカトル図法を定義しているものです。
    0/0/0.png
    ぱ っ と 見 て わ か り づ ら い の で す が, 「南極 点 と 北極 点 あ た り が 無 い」 ん で す.
    Web系企業っていうことでなんと南北の 85.051129
    元 々 メ ル カ ト ル 図 法 自 体 赤道 か ら 離 れ て い く と ド ン ド ン 面積 が 広 く な っ て し ま う 性質 が あ る の で す が, こ の よ う に ぶ っ た 切 る 事 で 「ど う せ い ら ね ー だ ろ」 っ て い う と こ ろ を 大胆 に 省 い て し ま っ た わ け で す.
    完全 に 実 用 主義 と い う わ け で す.
    EPSGコードが出てきています。
    EPSGコードでは座標以外にも定義が可能で、epsg.ioのUnitという項目を見るとどういうものを指してるかがわかります。
    EPSG:4612はderajat (pemasok untuk menentukan representasi)というSatuanで、EPSG:3857はmeter(=meter:メートル)というSatuanを指しています。
    gdaltransform(GDALで提供されてる座標変換ツール。たぶんGDAL->OGR->Proj4っていう流れでやってると思う。proj4jsとかでコード書く)で調べるとメートルっぽい距離が出てくるので、どこかを原点にした距離がでてくるっぽい。

    (おい
    EPSG:900913というのがありました。
    OpenLayers:900913とかOSGEO:900913とかいろいろあってややこしいのですが、900913という文字を良く見ればわかります。
    Googleをもじった数字です。
    900913っていう文字をつかってやっていたんですが、EPSGコードしてちゃんと管理されるようになり、最初はEPSG:3785となったんですが名称とか変わったりして最終的にEPSG: 3857に落ち着いたっていう感じです。
    た ま に こ う い う お 遊 び っ ぽ い こ と も 出 て き た り し ま す.
    い や, コ レ 以外 し ら ね ー け ど.

    Javascriptでぐりぐり動かせる地図ができるようになったかわかったと思います。
    画面 に 表示 す る べ き タ イ ル だ け を 取得 し て 表示 を し て, マ ウ ス で ド ラ ッ グ を し た ら 表示 範 囲 が 変 わ る の で 必要 な タ イ ル だ け を 取得 し て, マ ウ ス や コ ン ト ロ ー ラ で ズ ー ム レ ベ ル を 変 え れ ば ア ク セ ス す る フ ァ イ ル の ト ッ プ レ ベ ルX座標Y座標もズームアップするなら倍の位置になったりと、非常にブラウザで処理しやすいURLがわかるのです。
    (OpenStreetMap, )の仕組みです。
    (あ、Google Mapsはベクトルタイルになってからどうやってるか知らんです)

    X軸Y軸の原点が左上から計算されていることです。
    コ ン ピ ュ ー タ 使 っ て い た ら 一般 的 か も し れ ま せ ん が, そ ん な 話 が 地 図 に 通用 す る は ず は あ り ま せ ん.
    な ぜ で し ょ う.

    (-180, -90) (180, 90)
    つ ま り コ ン ピ ュ ー タ の 座標 と は 逆 な ん で す.
    厄 介 で す ね!

    そ の 厄 介 さ は タ イ ル の 仕 様 に も 現 れ て い ま す.
    ま ず, タ イ ル の 仕 様 に は 2 つ 「有名 な も の」 が あ り ま す.
    TMS (Layanan Peta Ubin) WMTS (Layanan Ubin Peta Web)です。
    両 者 の 決定 的 な 違 い は 座標 の 扱 い 方 で す.
    具体 的 に は 次 の 図 を 見 て く だ さ い.

    TMSは原点を左下にもっていきます。
    つ ま り 数学 っ ぽ い 座標 で す.
    WMTS
    OpenStreetMap WMTS
    WMTSは別の意味で厄介なのは、別にタイルのURLや細かいパラメータを定義したXMLファイル(!)を置いて、それから参照しましょうという仕様になっています。
    その上、WMTSではHTTP KVP(いわゆるhoge.cgi?a=bみたいなの)とか、なんとSOAP(ぎゃー)で配信するものとかもあったりして、使用自体が恐ろしくカオス。
    なのでWMTSでっていうといろいろ厄介な概念を打ち込まれてしまいます。
    一方TMSはこちらもXMLファイル(!)を置くっていう仕様があるもののタイル自体のアクセスはRESTful。
    でも座標が.

    ということで考えだされたのがいろいろ無視して、TMSのRESTfulなところだけ採用してかつY座標を逆にするという発想です。
    そしてこの発想でやっていったところほぼ問題が起きなくなり、最終的に現在のzxy tile(ちょっと前までxyz tileっていう人が多かった)が主流になってしまったという感じです。
    簡単にまとめますと、以下のとおりです。

    というわけで今回僕が話すものはコレです。
    実はmbtilesやCesiumの quantized-mesh-1.0 terrain format がTMSを使っていますが、面倒なので割愛します。

    地図タイルを使うライブラリ

    今回の目的は地図タイルを作る所まで行きたいので、当然それを使うライブラリについて知らないといけません。
    ここからはそのライブラリについてお話します。
    なお、みんなが大好きGoogle Maps APIとかでもたぶん使えると思いますが、僕が全く興味ないので丸ごと割愛します。
    というかOSSのライブラリだけしか扱いません(キリッ

    OpenLayersは古くからあるJavascriptライブラリでかつ、非常に巨大なライブラリでzxyタイルはもちろん、他にも多くの地図APIを標準でサポートするほか、Google Maps APIを叩くことでOpenLayersの使い方でGoogle Mapsが使えるという変な実装まで含まれています。
    いわゆるフルスタックライブラリという位置づけですが、APIがとにかく多いので今は初心者にはあまりおすすめできないかも(あくまで個人の感想です)。
    なお、長い間OpenLayers 2系が使われていましたが、設計の古かったため全面的に書き直しが行われ、現在はOpenLayers 3がメインになっていて、WebGLが使えたりとかわりとモダンな実装になってきています。
    また、GeoDjangoで採用されていたライブラリとしても有名です。

    Leaflet.jsは現在最も主流と思われるJavascriptライブラリです。
    実装がとてもシンプルでかつ動作が速いため急速に普及しました。
    基本的な機能を実装している変わりに、サポートしてない機能はプラグインを使う必要があります。
    プラグインは結構バージョンごとの依存性が強いため、比較的注意が必要ですが、基本的なWeb地図であればLeaflet.jsだけで十分な機能があるので一番最初に触ってみることをおすすめします。

    Mapbox.jsはLeaflet.jsを拡張してMapbox社のサービスを使いやすくしたライブラリです。
    Leaflet.jsの機能がそのまま使えるため平たく言うとMapboxというサービスに依存して無ければ特に必要ないですが、現在地図配信の有料サービスとしては最大手ぐらいの位置づけにいるので注意が必要です。
    ただ、そろそろ次に話すMapbox GL JS APIの方に移行していくだろうという雰囲気があります。

    Mapbox GL JS APIは現在Mapbox社が進めているMapbox Vector Tileに対応したJavascriptライブラリです。
    Mapbox Vector Tileについては今回は(もう眠いので)割愛しますが、通常のzxyタイルももちろん使えます(というか、Mapbox Vector Tileもzxyタイルなのでややこしいのですが. )。
    また、他のJavascriptライブラリと決定的に違う点は読み込むタイルの設定をStyleとして定義します。
    このStyleについては後述しますが、平たく言うとWeb Mecator Projection及びWGS84(EPSG:4326)以外まともに使えないと思われます。
    そのため、要件によっては採用ができない可能性があります。
    ただし、StyleファイルはMapbox iOS SDK及びMapbox Android SDKと共通なので非常に大きいメリットもあります。

    Cesiumは上記までとはまったく違い、いわゆるGoogle EarthのようなものをWebGLで実装したJavascriptライブラリです。
    なので、そもそもの表現方法が違います。
    ただし、zxyタイルも使うことができるので、作りたいサービスによっては重要な選択肢の一つとなります。

    1. 昔からある地図仕様とかのサポートが必要 ->OpenLayers / PluginがあればLeaflet.js
    2. 3DのUIが欲しい -> Cesium -> Mapbox GL JS API
    3. Mapboxのタイルを使いたい -> Mapbox GL JS API
    4. Mapboxのタイルを使うのに他の仕組みも取りれないといけない -> Mapbox.js + Leaflet.jsのプラグイン
    5. -> Leaflet.js / OpenLayers
    6. -> Leaflet.js

    Mapbox GL JS API
    JS Binにアップしています。
    Peta Jalan Terbukaのタイルを使っています。
    HTTPSでの配信をしていないため、JS Binで実行すると混在したコンテンツとして扱われてしまうので、HTTPSをサポートしてるOpenStreetMapのタイルサーバを使いました。

    Mapbox GL JS API𰛬ontohをまるごとパクって、今回はMapbox社のサービスにアクセスしないので mapboxgl.accessToken
    gayaを設定しますが、このjson自体はinti

    jsonの中身をざっくり説明します。
    sumberというプロパティで取り込むレイヤーを設定しているのですが、ここでは"osm"というidを作って、typeをrasterに、tilesの中にzxyタイルのエントリポイントを書いています。
    //zoom, x座標, y
    lapisan
    レ イ ヤ ー は 複数 書 く こ と も で き, ア プ リ ケ ー シ ョ ン 側 の コ ー ド か ら ど の レ イ ヤ ー を 出 す か な ど が コ ン ト ロ ー ル で き る と い う 仕 組 み で す.

    iOSですが、状況は地獄です。
    iPhoneでは初期の頃からRoute-Meというライブラリがあった(というか僕も使ってた)のですが、見ての通りまず開発が止まってしまい、代わりにALPSTEIN Tourismusのfork(Alpstein fork) Mapbox社がそれをforkしてMapbox iOS SDKとして開発をしました。
    Alpsteinは開発終了と自分たち𰛯orkではなくMapbox iOS SDKを代わはり x3066くれとアナウンスを出します。
    Mapbox社の方が全く新しいmapbox-gl-nativeを作り、現在はこちらがMapbox iOS SDKとしてリリースされてしまったため、古いMapbox iOS SDKの開発がほぼ息絶えました。
    Mapbox iOS SDK Legacyはま𰘌ocoaPodsにあるのでいちおうギリギリ使えるかもしれませんが、すでにtidak digunakan lagiCocoaPodsにあるのとgithubにあるpodspecでsourceのURL違うしいろんな意味で地獄 っ ぽ さ が あ り ま す.
    iOSでは現在ではmapbox-gl-nativeベースのMapbox iOS SDKを使った方が無難です。

    AndroidはOSMDroidという長年使われているらしいライブラリがあります。
    OSMDroidは触ったことがないのでよくわからないのです。
    使い方のドキュメントが4日前にアップデートされてるので使えるはずです。
    iOSと同様にMapbox Android SDKというmapbox-gl-nativeによるライブラリが提供されていますが、こっちもMapbox Android SDK Legacyという実装があってややこしいことになっています。
    iOSよりはマシかと思います。

    1. 適当 に プ ロ ジ ェ ク ト を 作成.
    2. Mapbox AndroidSDK gradle app/build.gradle
    3. AndroidManifest.xml
    4. activity_main.xml MapView mapbox:accesstokenを"pk."という文字を入れておく。
    5. プ ロ グ ラ ム を 書 く.

    aktivitasにあるkotak peta:aksestokenです。
    Mapbox Android SDK Legacyの方はaccesstoken自体は抜いても問題なかったのですが、新しいMapbox Android SDKでは起動時にチェックををしてく& #x308Bのです。
    "pk."か"sk."かって違いだけなので、"pk."という文字を入れておけばOKです。
    Mapbox Android SDKのみにチェックが入ってるっぽくて、iOSの実装とかこういうチェックが無いという謎な感じになってる。

    地 図 タ イ ル を 作 る

    地 図 タ イ ル の 作 り 方 は い ろ い ろ あ り ま す が, 静 的 な フ ァ イ ル を 作成 す る か, ま た は サ ー バ と し て 動作 さ せ る の か に よ っ て も 方法 が 違 い ま す.
    OSSベースの地図タイルの作成には共通点があります。
    MapServer及びGeoServerについて知らないのでそれらに関する話は全く無いのに注意してください。

    mapnik
    GDAL / OGRで読み込めるものを指します。
    GDAL/OGRは多くの地図データをサポートしたライブラリです。
    GDALはGeoTIFFに代表されるラスタファイルを、OGRはShapefileやGeoJSONに代表されるベクタファイルを処理するプログラムで、GDAL/OGRは一つのパッケージで提供されていて、かつGDALを使ってラスタファイルを処理OGRA
    OGRはProj4を使っていて、これらのライブラリはすべて相互補完の関係にあるような状態です。
    FOSS4Gです。

    mapnikの基本的にはXML konfigurasi Mapnikを用いてレンタリングを行います。
    こ の フ ァ イ ル に は レ イ ヤ ー や デ ー タ ソ ー ス, 描画 す る た め の ス タ イ ル な ど レ ン タ リ ン グ に 必要 な 情報 を す べ て 含 み ま す.
    SimbolizerSimbolizer GarisbolGarisSimbolizer Titikなら地図データ上のTitikに対して画像を貼り付け(郵便局のマークを追加するとか)。

    CartoCSSとは何者なのでしょうか?
    CSSのような形で書くことができる仕組みで、Mapbox社によって開発された概念であり、またTilemillというソフトで使われています。
    CSSと違う点は、セレクタのネストが可能であったりスタイルを重ねるためのsimbolisと い う 点 が 大 き く 違 い ま す.

    @から始まる変数で描画時の色を使い回したり、ズームレベルによるセレクタなどによってズームレベル15以上でなければ描画しないという表現がされています。
    #bangunanはレイヤーのIDを指しています。
    project.mmlというTilemillのプロジェクトファイルに書かれていてます。
    JSON形式で書かれています。
    bangunanの設定は次のように書かれています。

    CartoCSSファイルのうちセレクタに相当するものうち、 zoom mapnik XMLの MaxScaleDenominator
    CartoCSSには以下のように地図データそのものに対する条件によるセレクタもあります。

    fiturmapnik xmlのFilterというものになります。
    実 際 に 変 換 後 の フ ァ イ ル を 見 て み ま し ょ う.

    地球地図日本のデータです。
    2015年公開のデータの全レイヤ(gm-jpn-all_u_2_1)をダウンロードして展開します。
    Tilemillを起動して、新しいプロジェクトを作成します。
    プ ロ ジ ェ ク ト を 作成 す る と 最初 に レ イ ヤ ー が 一 つ あ る の で す が, 邪魔 な の で 左下 の レ イ ヤ ー ボ タ ン を 押 し て レ イ ヤ ー 一 覧 か ら 削除 し て, さ ら に ス タ イ ル も 一旦 消 し て し ま し ま す.
    こ こ で 保存 す る と ま っ さ ら な 地 図 に な り ま す.

    こ の 段 階 で ア イ コ ン セ ッ ト を 入手 し て お き ま し ょ う.
    Kotak petaはMakiというアイコンセットを作成しているので、このサイトからMaki.zipのリンクをクリックして、ダウンロードしたzipファイルを展開します。
    TilemillのFile & direktori ampの記述を参考にTilemillのproyekディレクトリを探します。
    gambar
    Maki.zipのなかのsrcフォルダにあるファイルを全て gambar
    url (gambar/bandara-24.svg) CSSのURL指定で参照することができます。

    Tambahkan Lapisanを押してレイヤーを追加します。
    Sumber dataでJelajahiボタンを押して最初なのでcoastl_jpn.shpというファイルを追加します。
    SRSの指定でWGS84を選択します。
    Simpanを押すと日本の海岸線が描画されます。

    細 か い デ ザ イ ン の 内容 に つ い て は 割愛 し ま す.
    最後 に プ ロ ジ ェ ク ト の 範 囲 を 指定 し ま す.
    右上 の 設定 ア イ コ ン を 押 す と 範 囲 を 指定 す る 画面 に な り ま す.
    4ぐらいまで拡大したあとにPergeseran
    Pusatの位置を範囲の中に収まるようにします。
    zoomのスライドを動かして0〜12ぐらいにします。

    mapnik XMLに反映されるので必ず行ってください。
    こ れ で 地 図 の デ ザ イ ン が 完了 し ま し た.

    1. TilemillのEkspor機能をつかってmbtilesを出力してそれをmb-utilsを使って各画像を取り出す
    2. Tilemillのproject.mmlファイルをmapnik XMLに変換して別のプログラムから出力する

    mapnik XMLを作成しましょう。
    Tilemillのproject.mmlからmapnik XMLを作成するにはcartoというプログラムを使います。
    ま ず コ ン ソ ー ル か ら 以下 の よ う に し て イ ン ス ト ー ル を し ま す.

    npmとか書いてますが、これはnode.js
    npm自体を調べてください。
    kartoコマンドが使えるようになります。

    batu giling
    mapnikがSumber dataにjenisという属性が追加されてたのですが、Tilemillは開発版でないとこのオプションをサポートしていないためmapnikがエラーを吐いてしまいます。
    millstonenode.jsが新しいとnode-srsのインストールでコケます(いちおうプルリクは出しておきました)。
    も し,

    project.mmlをmapnik XMLに変換します。
    変 換 方法 は 以下 の よ う に し ま す.

    lオプションはbatu giling
    mapnik XMLができあがるので興味がある人はproject.mml及びstyle.mss

    tesseraを使います。
    tilelive
    mapnik XMLを使うので、以下のようにインストールをします。

    と い う わ け で 今 回 は こ こ ま で で す.
    Ubin Vektor Kotak Petaを作るところまでやりたかったんだけど、さすがに眠いので諦めます。
    ま た, 後 日 ~


    Buat situs web Anda sendiri dengan peta interaktif

    Hai, Saya punya rencana untuk melakukan proyek musim panas. Saya ingin membuat situs web saya sendiri dengan peta interaktif yang menunjukkan data saya sendiri. Akan menyenangkan memanfaatkan geoserver, PostGIS, leaflet dan beberapa peta latar belakang seperti peta jalan terbuka.

    Dokumentasi untuk mengkonfigurasi semua komponen ini saya yakin dapat ditemukan di beberapa tempat. Tapi saya belum pernah membuat situs web sebelumnya, apalagi yang mendukung pembuatan peta interaktif yang menampilkan data postGIS saya sendiri.

    Di mana saya memulai? Apa yang saya butuhkan? Apakah caranya hanya untuk mendapatkan url di WordPress dan mulai mengonfigurasi pengaturan saya? Penyedia situs web mana yang standar de facto untuk situs web ukuran kecil yang mendukung data GIS?

    Apakah ada yang melakukan ini sendiri? Bisakah Anda membagikan situs web Anda, pengaturan Anda, dan pelajaran yang didapat.

    Saya tidak akan langsung pergi ke server eksternal untuk memulai proyek pribadi Anda. Anda dapat dengan mudah meng-host server web di komputer Anda sendiri.

    Cara termudah untuk menyajikan situs web statis adalah dengan menggunakan pustaka http Python. Cukup cd ke direktori proyek Anda yang memiliki file html etc dan jalankan python -m http.server . Ini akan memulai server web yang berjalan di localhost:8000 .

    Bisa jadi Anda akan membutuhkan PHP untuk proyek Anda. Jika demikian, Anda dapat menggunakan server pengembangan PHP.

    Mungkin juga mulai dengan tutorial pengembangan web sederhana seperti yang ada di W3schools atau MDN sehingga Anda akan mengetahui dasar-dasar HTML, CSS, dan JavaScript serta cara kerja web.

    Jika Anda merasa proyek Anda sudah selesai dan ingin menunjukkan kepada dunia, maka mungkin lihat hostingnya di server (seperti AWS) dan dapatkan domain untuk itu.

    Keren, terima kasih atas idenya. Apakah layak untuk menyebarkannya dengan mudah ke server eksternal nanti? Bagaimana menerapkan modul seperti Django, flask dan leaflet?

    Satu hal yang dapat Anda periksa adalah Django. Sudah ada sejak lama dan memiliki banyak dukungan dan dokumentasi di luar sana. Django sangat bagus untuk membuat situs web dasar tanpa banyak kerumitan dan Anda dapat dengan bebas meng-host situs kecil di Heroku tanpa memerlukan kartu kredit. Tingkat gratis Heroku juga menyertakan database PostgreSQL kecil yang dapat diperluas dengan PostGIS.

    Untuk menambahkan ini, Django juga terintegrasi dengan mulus dengan PostGIS secara asli melalui modul GeoDjango-nya, yang akan memungkinkan Anda berinteraksi dengan data spasial melalui ORM Django.

    Untuk pemetaan web, Leaflet akan berpasangan dengan baik dengan tumpukan ini, dan jika Anda merasa sangat ingin Anda dapat mengintegrasikan sesuatu seperti Vue.js untuk membantu membangun UI dan menambahkan interaktivitas yang lebih baik ke template Django's.

    Tentu saja ini hanyalah salah satu dari banyak cara untuk membangun situs akhir-akhir ini, tetapi saya pikir Django sangat bagus untuk orang yang memulai perjalanan webdev mereka.

    Terima kasih atas tipnya! Ini adalah apa yang saya rencanakan untuk dilakukan, hanya mencoba mencari tahu bagian hosting mana yang terbaik/termudah/termurah untuk GIS. Akan memeriksa heroku!

    Untuk hosting saya akan merekomendasikan Digital Ocean.

    Itu adalah server sederhana yang dapat Anda lakukan dengan apa yang Anda inginkan. Dan itu dimulai dari $5/bulan. Ini memungkinkan Anda mengatur segalanya yang merupakan pengalaman belajar yang sangat baik.

    Tutorial mereka juga bagus. Melalui menginstal PostgreSQL + PostGIS misalnya PostGIS: https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-and-configure-postgis-on-ubuntu-14-04

    Jika Anda menggunakan kode rujukan, Anda mendapatkan $100 untuk digunakan selama 60 hari. Jadi 2 bulan gratis dengan $5 per bulan:

    Ya, saya telah membaca tentang samudra digital sebelumnya dan itu bekerja dengan baik dengan GIS. Apakah itu datang dikemas dengan semua yang saya butuhkan? Saya pernah mendengar orang berbicara tentang membeli domain dan menghostingnya di dua tempat berbeda?

    Seperti yang dikatakan orang lain, Anda mungkin bisa lolos dengan file data statis yang dimuat ke dalam Leaflet.

    Jika Anda tertarik untuk menjalankan server web back-end, Anda dapat menggunakan Python Flask untuk menangani permintaan dan menggunakan pustaka SQLAlchemy/GeoAlchemy untuk berinteraksi dengan Postgres/PostGIS.

    Musim panas lalu saya mulai mengerjakan situs web portofolio/proyek GIS saya sendiri yang menggunakan back-end Flask yang saat ini dihosting di AWS Elastic Beanstalk, yang terhubung ke Postgres di AWS RDS. AWS memiliki tingkat gratis selama satu tahun yang bagus untuk membangun banyak hal saat Anda siap untuk meng-hosting di web.

    Anda dapat mengunjungi situs web di sini dan semua kode sumber ada di GitHub saya di sini. Saya sendiri sangat pemula tetapi saya mungkin bisa menjawab pertanyaan jika Anda punya.

    Wow! Itu tampak sempurna! Kerja bagus! Saya pasti akan memeriksa pengaturan Anda secara paralel dengan pengaturan saya sendiri. Dan terima kasih telah membagikan GitHub kepada Anda! Saya akan menghubungi jika ada pertanyaan, terima kasih!

    Jika Anda ingin menyajikan data sendiri, Anda akan memerlukan back-end. Back-end akan berinteraksi dengan database dan menyajikan data sesuai kebutuhan Anda. Saya baru-baru ini mencoba python untuk tujuan ini. Saya menggunakan Flask sebagai framework dan SQLAlchemy untuk terhubung ke database. Anda juga mungkin perlu menggunakan geo-alkimia untuk menggunakan objek geo.

    Untuk front-end saya tidak menggunakan leaflat sebagai gantinya saya menggunakan perpustakaan javascript OpenLayers untuk mengelola objek geografis di browser. Pustaka OL menyediakan banyak contoh untuk menggunakan panggilan api dan membuat lapisan seperti contoh OSM. Anda mungkin ingin mencoba hal-hal seperti webpack, babel, tergantung seberapa dalam Anda ingin memberi tip pada alat pengembangan front-end.

    Yang membawa saya ke poin saya berikutnya, alih-alih meng-hosting dan menyajikan data sendiri, Anda dapat menggunakan OSM Overpass API. OSM memiliki banyak data geo yang dapat Anda gunakan pada proyek Anda seperti batas administratif, tempat menarik, jalan, dll. Anda dapat menggunakannya tanpa backend yang mungkin sangat membantu dengan memperlambat. Setelah menyelesaikan satu-satunya proyek front-end Anda, Anda dapat memasukkannya ke Halaman Github. Anda dapat membuat situs web Anda online tanpa harus membayar layanan berkat itu!

    Namun, jika Anda bertekad untuk membuat back-end untuk data Anda, Anda dapat mencoba menggunakan AWS. Ini sangat populer tetapi saya belum pernah mencobanya sebelumnya. Atau gunakan layanan lain untuk meng-host Server Pribadi Virtual Anda.

    Di dalam dan ada banyak cara berbeda untuk melakukan apa yang Anda inginkan. Dan ada banyak alat berbeda untuk melakukannya. Saya berbicara tentang hal-hal yang saya kenal. Semoga membantu.

    Itu tidak berisi semua fitur yang Anda sebutkan, tetapi tutorial ini adalah awal yang baik: http://jonathansoma.com/tutorials/webapps/

    Proyek ini adalah investasi waktu dan usaha yang cukup besar, tetapi ini akan menjadi keterampilan yang hebat (dan semakin diperlukan, IMO) untuk ditambahkan ke perangkat Anda!

    Keren, pasti akan memeriksanya! Terima kasih untuk tutorialnya!

    Tapi saya belum pernah membuat situs web sebelumnya [. ] Di mana saya memulai?

    Di https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Learn . Kedengarannya seperti memahami dasar-dasar HTML dan HTTP dengan baik akan membantu Anda.

    Anda harus melihat Geonode. Ini akan sempurna untuk proyek Anda, saya pikir

    Keren, tidak tahu tentang Geonode, pasti akan memeriksanya! Terima kasih!

    Mulai dengan folder ubin vektor pbf dan geojson tidak diperlukan database sisi server atau MapServer/GeoServer. Gunakan OpenLayer atau Leaflet atau Mapbox GL JS.

    Ini dapat di-host secara gratis di halaman GitHub atau server web statis apa pun.

    Anda mungkin dapat menggunakan plugin QGIS2WEB untuk QGIS dan memodifikasi kode yang dihasilkannya.

    Atau, gunakan tileserver.php dengan mbtiles untuk menyajikan ubin vektor dan ubin raster Anda.

    Jika Anda menggunakan database back end POSTGIS, Anda dapat memasangkan dengan crunchydata pg_tileserv atau KOOPjs untuk mengirimkan ubin vektor dinamis dari database.

    R dan Shiny cukup mudah dipelajari dengan sedikit pengalaman pengkodean. Anda dapat menggunakan paket selebaran dan lapisan ubin gratis biasa. Ada begitu banyak tutorial dan info tentang semuanya dengan cukup banyak contoh cut n paste selama Anda mendapatkan ide umumnya. Anda kemudian dapat meng-host-nya di server mengkilap untuk sebuah halaman. Saya membuat peta dasar yang memplot data dengan beberapa filter data reaktif.

    Saya memiliki ide yang sangat mirip musim dingin ini dan berhasil menyusun yang satu ini. Saya masih pemula dalam hal pemrograman

    PostGIS db, PHP untuk menghubungkan database dan front-end, leaflet untuk pemetaan, server Apache. Tidak menggunakan kerangka kerja apa pun, meskipun Anda dapat dengan mudah mengganti PHP dengan Python dan Flask seperti yang disarankan seseorang.

    Sebelum saya mulai membangun aplikasi web ini, saya memiliki pemahaman yang sangat mendasar tentang Python dan Javascript. Jadi hampir semuanya sangat baru bagi saya. Saya membutuhkan waktu 3-4 bulan untuk menyusunnya (saya sebagian besar mengerjakannya di akhir pekan dan beberapa hari di pertengahan minggu setelah bekerja).

    Jika Anda seorang pemula, saya akan merekomendasikan Anda untuk mengambil kursus Udemy hanya untuk memulai. Hal ini dapat sangat luar biasa mencari tahu semuanya sendiri. Banyak perpustakaan dan hal-hal yang perlu Anda siapkan, tetapi jika Anda benar-benar sendirian, Anda tidak akan tahu apa yang Anda lewatkan dan mengapa hal-hal tertentu perlu disiapkan. Saya tahu saya tidak akan bisa melakukannya tanpa kursus yang pasti. Saya mengikuti yang ini. Ini tidak sempurna, tetapi itu akan memberi Anda semua yang Anda butuhkan untuk membuat segalanya berjalan. Sebagian besar aplikasi saya (tertaut di atas) didasarkan pada kursus ini. Ini memberi Anda pemahaman yang kuat tentang bagaimana semuanya terhubung sehingga Anda dapat mengembangkannya sendiri.

    Saya menggunakan DigitalOcean untuk menyebarkan (5$/bulan untuk hosting, meskipun Anda pasti bisa lebih murah). Deployment cukup menakutkan bagi saya untuk jujur. Meskipun ini akan menjadi proses yang jauh lebih mudah, tetapi ketika Anda melakukannya sekali, Anda akan cukup nyaman melakukannya untuk ke-2, ke-3 dan ke-100.

    Pelajaran yang dipetik (sebagai pemula): Sebelum Anda mulai, Anda pikir itu akan cukup mudah dan cepat, kemudian Anda mulai dan menyadari bahwa ada BANYAK hal yang tidak Anda ketahui harus Anda lakukan. Kemudian lagi, ketika Anda selesai dan melihat ke belakang sepertinya dan proyek mudah dan langsung lagi.

    Pasti melakukannya dan menaatinya (saya punya satu rintangan besar - saya membutuhkan waktu sekitar satu bulan untuk mengetahuinya dan beberapa rintangan kecil yang diselesaikan dalam beberapa hari). Ini sangat bermanfaat!


    Seberapa mudah menggunakan QGIS untuk membuat peta interaktif online?

    Saya ingin membuat situs web pertama saya dan fitur utamanya adalah peta interaktif. Anda harus dapat memperbesar, menggulir, mengklik fitur untuk menampilkan informasi di panel di sisi peta, memilih fitur mana yang akan ditampilkan di peta, dll.

    Pertanyaan pertama saya adalah di mana saya bisa mengetahui cara menggunakan QGIS untuk melakukan ini? Saya melihat ke QGIS2web sekitar setahun yang lalu, tetapi ingat segera mengalami masalah teknis dan samar-samar mengingat beberapa masalah yang mungkin berkaitan dengan kompatibilitas dengan versi QGIS yang lebih baru. Apakah orang masih menggunakan QGIS2web? Apakah ada pilihan yang lebih baik?

    Pertanyaan kedua saya adalah jika saya menggunakan platform pembuatan situs web seperti wordpress, tetapi saya harus benar-benar mempelajari kode html untuk melakukan sesuatu yang mewah seperti membuat peta interaktif, apakah itu masih dapat dikelola? Saya tidak tahu apa-apa tentang membuat halaman web tetapi beberapa dari hal-hal ini membawa biaya berlangganan jadi saya tidak ingin membayar untuk layanan yang di satu sisi menyederhanakan hal-hal untuk saya tetapi di sisi lain tidak akan memungkinkan saya untuk menyesuaikan berbagai bagian dari sebuah situs web.